金貨購入について

金貨を購入する理由は人それぞれです。どのような理由で金貨を買うにしても、初心者にとって金貨を購入は敷居の高いもの。金貨を購入するにあたって気をつけるべきポイントとはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

金貨の山まず、金貨の価値を決めるグレードを保証する団体で有名なものはPCGSNGCがあります。PCGSは知名度と実績に定評があり、最も有名なコイン鑑定機関といえるでしょう。

NGCはPCGSでは扱っていない中世以前の古代コインの鑑定も行っているため、専門性の高いコイン鑑定機関といえます。また、金貨の種類には大きく分けて収集型金貨と地金型金貨があります。収集型金貨とは、その希少性や収集性において付加価値が付きます。変わって地金型金貨は、金貨自体の価値に「プレミアム」という上乗せ分が価値に付け加えられます。「プレミアム」とは発行した国の造幣局のさまざまな経費によって決められます。金貨の種類も国によって変わってきますので、注意してみると面白いかもしれません。地金型金貨を購入するメリットは、少額で買えるため、定期的に投資ができるということです。ドルコスト平均法を使ってリスクを分散することができます。また、5年以上持って入れば課税対象が半分になる、売買手数料がかからないなど、投資初心者にとって手のつけやすいと投資対象になるといえます。

その専門性の高さから、ついつい敬遠しがちな金貨の購入。しかし、ポイントさえ押さえておけば、むしろ身近な存在と言えるかもしれません。人類がその歴史を共に歩いてきた「金」について書かせていただきました。是非ご覧ください。