金貨の種類

金貨の種類はどのようなものがあるのでしょうか。金貨と一口にいっても、何らかの違いがあり、保有する理由によって、その価値も変わってきます。

金貨まず、一つ目は収集型金貨というもので、個人の趣味や骨董価値などの付加価値が付け加わることで価値が上がる金貨のことです。二つ目は地金型金貨というもので、金地金の価値に上乗せされた時価価格で売買されるというもので、この二つは違う性質を持っていると言って良いでしょう。ちなみに、この上乗せ分の金額は「プレミアム」といい、発行した国の造幣局の製造コストや輸送費など、様々な経費を加えた費用によって決められています。

また、この地金型金貨にも種類があり、南アフリカ共和国のクルーガーランド金貨、カナダのメイプルリーフ金貨、中華人民共和国(中国)のパンダ金貨 、オーストラリアのカンガルー金貨 (別名ナゲット金貨)などが挙げられます。名前からその国を連想できるようなものもあることでしょう。

いかがでしょうか。もしも金貨を何かしらの記念としても持っておきたいという方は収集型金貨を持っているとよいでしょう。そして、金貨を投資目的で購入される方は地金型金貨を選んだ方が良いと言えます。